守護霊

俗にゆう守護霊には、たくさんの種類があります。

…というのも、私は背霊と呼んでいますが大きく分けて3タイプ程あるかと思います。


一つは、指導霊と呼ばれる方です。

これは、メインとなりその方を教え導き守って下さる存在です。


二つ目は、補助霊と呼ばれる方です。

メインの方より意志や感情が反映(本人に)することは少ないのですが、本人を補助(助ける役目)が強いです。


三つ目は、サブ補助霊とでもいいますか。

これは血縁者だった方が多いとは思いますが、本人に由縁のある方が多いように感じます。

見守っている存在という言い方が一番妥当なのかもしれません。


守護霊の基本的役目は、本人の道しるべとなり、成長する過程を助けることにあります。


ほとんど…いえ、基本的に皆さんにそういった守護霊は憑いています。

霊視の際も、守護霊へ普段の本人様の生活を聞くことも多く、透視させて頂くことに関してはとても助けて頂ける存在です。


霊視の都度、メインで出てこられる方は限られる方もいらっしゃいますが、守護霊にいつも感謝の心を忘れずに精進していくことが人生を全う出来る基本理念になると思います。








#守護霊#指導霊#補助霊#感謝

44回の閲覧