12月は神様も大掃除

12月は神々にとっても大掃除(調整)の月となります。

ただ神々の神々の大掃除とは、家のお掃除とは少し意味合いが変わってきます。

人間の一年の垢を取り除いてみたり天寿(寿命)を迎える方々の導き、生誕前の契約書整理(←こちらは後で詳しくお伝えしますお伝えします)、新しい御霊の導きなど一年の計は元旦にありというように元旦の新しい年(1年間間)に備えて忙しく奮闘している…という訳です。

明日は我が身、人生は何が起こるか分かりません。

しかし、全ては既に決まっていたこと。宿命であればその結果から逃れることは出来ません。明日の出来事が分かってしまった途端、人は生きる事へのありがたさや探求心を忘れてしまうでしょう。今を生きる大切さも、周りにいる者達を大切に想う心さえも忘れてしまうのです。

年末になぜ大掃除をするのか、皆さんはご存知ですか??

私達の住居には、必ず氏神と呼ばれる神や土地神と呼ばれる神が宿っているものです。。

その神々達へ感謝を示す行為、それが大掃除でもあります。

そして家を綺麗にすることで心身の浄化をはかり、また新たな一年を迎える為の準備をしていくのです。

どんな事が起こっても、それらは全て必然だということを忘れないで下さい。

誰も恨まず、誰も妬まず、人に尽くし、人に優しくして下さい。

神々はきちんと見ています。どれだけの徳を積み人の為に生きれるのかを人は試されているのです。


年末の大掃除、空いている時間にすすめてしまいましょう!!

……今年一年の感謝を込めて、鈴ノ音へお越しの皆様へ喜びの吉報が訪れますように。。


#今年一年の感謝の証#大掃除#神々との契約書契約書

78回の閲覧