• 鈴ノ音

石の上にも三年

石の上にも三年ということわざには、深くとても膨大な人間の性が刻み込まれています。

どんなに辛くても耐え忍んで続ければ、いつかきっと成し遂げられる…という意味です。


縁あって就職が出来た仕事にも、三年は耐え忍び我慢をする必要があります。

郷に入っては郷に従えという言葉の様に、会社には独自のルール(企業理念)があり、その理念の基社員たちは一丸となって目標へと邁進していくという訳です。

個々が集まり、一つの目標へと精進していく社内では、そのルールに従えず会社のひくレールから脱線してしまう個人も後を絶ちません。個性とは、時に優秀で得意稀な価値観を生み出す反面、我欲をコントロール出来ずに周りと調和の出来ない不協和音を生むこともあるのです。


今後、これから先の会社(自営でも会社員でも)の中で染まることはしなくとも、染まる為の努力や見せかけは必要だということです。

冬時期になると、低迷期と呼ばれる「停止」時期に入る方々も多くいらっしゃいます。

そんな中、転職はなるべく避けしばし辛抱をしてみるのも今を乗り切る一つの戦術です。

生きるとは戦いです。ストレス社会にもまれる自分をどうコントロールし、どう発散させ人の為に生きるのかは自分自身の力量や考え方に大きく影響を与えているのです。




皆様にストレスのない、柔らかな日常が訪れますように…。




#石の上にも三年#郷に入っては郷に従え#忍耐#我慢#低迷期