• 鈴ノ音

男性の深層心理

男性は女性と違い理性や精神的な結びつきよりも、本能や理念を追求する傾向があります。そして、男性はロマンチストであり探求心が強い心理がうかがえます。

男性の想い描く将来像は、女性の求める現実的な構想と交わることが難しくお互いを理解し合うためには「妥協、尊重、共有」のプロセスが必要になってくるのです。

男性の追い求める女性の理想像は、遥か昔に比べると大そう変わりましたが…

男性の本質にある「女性に対して追い求める像の根本さ」は変わりません。

それは、母性でもあり、女性的魅力、仕草でもあり、髪や香りでもあります。

大昔からこの世には男性、女性の2種しか存在していないのです。

男尊女卑の言葉が広まり、多くの女性は男性に対して劣等感を覚え耐え忍ぶ時代が続きました。今も尚、諸外国では女性蔑視が色濃く残り多くの女性が嫌悪感を強いられているのも事実です。男性は、女性より力も強く体格も良いです。しかし、唯一男性より強く美しい経験を得られることは「出産」であるかもしれません。男性には無い特権であり、誰よりも先に「母になる」権利を得る事が出来るのです。

相手の思考があっても良いのだと思います。ただ、そのことに関してどう意見を伝え、どう共有、分かち合えるかが末永く平穏に過ごすコツだといえます。

男性はロマンを求め、果てしなく続く荒野を駆け巡るものです。

そこで「さぁ着いておいで」と言わんばかりに、女性に対して「居て当たり前」「側に居ることの大切さ」を無意識にでも失い、そして想い描いているものです。

そこがまた人間の男性における「愛らしい部分」だと、女性が認識出来ればもっとこの世はスムーズに運んでいくのかもしれません。

女性だけに男性を立て、男性の正気を失うことなく支えていく強要をしているのではありません。これは、女性の思考回路だからこそ解決できる問題なのです。

女性の本能、理念だからこそ男性という名の本能、理念を理解、尊重出来るということです。

ただし、男性の中には、これに該当しない方もいらっしゃいます。

「自己意志」を尊重するタイプです。「こうする」「こうしたのは後悔しない」そういった自分の意志を一番に尊重する方のことです。一見、自分よがりにも聞こえますが「自己意志」はとても大切なものであり、行動力も兼ね備えている性質になります。

こういう方は、男性目線の言動ではなく自分の意志を尊重出来るタイプなので相手の事も考えることができます。

男性に対しての理解力を深めると共に、この深層心理を上手く活用していくことが今以上に男性との関係をスムーズにさせるといえます。



#男性深層心理#理念と本能#ロマンチスト