生まれ変わりの真意

よく私は○○の生まれ変わりだという話を耳にします。


これは真実でもあり、間違いでもあります。


この世に生を受け誕生した魂は、肉体から離れると永遠にその人であります。

しかし、生まれ変わりとは既に誕生し、霊界にいる魂を二つに分裂し、新たにこの世へ誕生するということです。


生まれ変わりには、条件もあります。

亡くなった人が早い段階で生まれ変わりとして新たなもう一つの魂を分裂させ、この世へと誕生するのであればそれは生前に修業を積まれた方や魂レベルの高い方に分かれると思います。(稀なケースもありますので、一概には言えませんが…)


では、前世とは…?前世は、自分がこの世に生を受けた際に分裂をしてきた元の魂の記憶、経験、人生になります。


複雑な話になるので少し分かりにくいかもしれませんが、元は分裂をしてこの世へ生を受けているので本人といえば本人です。簡単にいうと、元の魂の「もう一つの顔」になるのかもしれません。

前世での名残や癖、由縁はそこから来ているのです。


この世へ生まれてきた意味には、元の魂が生前果たしえなかった夢や希望、無念や懺悔などが複雑に組み込まれています。


この世を生きているすべての人に「ルーツ」が存在すること、そして、それはあくまで元の魂の側面にしか過ぎないということです。


自分の人生にかんじがらめにならずに、受けた使命や役目を全うして下さい。








#魂#前世#生まれ変わり#意味#ルーツ#真意

19回の閲覧