深層心理 初対面の方への対処法

心理カウンセラーの資格を取得してから、メンタル心理、家族療法などさまざまな分野を一通り学びました。


現代社会には、コミュニケーション力が乏しく、感情の表現が上手く出来ない方が本当に多いように思えます。

同じ人の形をしていても、心の中は十人十色。さまざまな感情が入り混じっています。


年齢を重ねるうちに、「耐える」「我慢」「言わない」「言えない」が増えていきます。

しかし、これは良く捉えるとその分成長をし、相手を想い、先の未来への負担を軽くしたいと願う大人の心だと感じる事も多々あります。


今回は、初対面の方への好印象を抱くために必要なポイントをお伝えします。


まず、人は出逢って3~10秒程で相手の見た目への評価が脳へ到達します。

その際、自分のタイプ(好み)であったり、清潔感、言葉遣いによって評価が大幅に変化していきます。

初対面での人と会うことへの対策法の一つとして、やはり「身だしなみ」が一番先にきます。これは、老若男女問わず共通しており身だしなみで7割以上の方が好感を左右されると医学的にも立証されています。


良い人と巡り合えない、結婚が出来ない、仕事の上司と合わない、営業先の取引相手に上手く伝えられないなど…この事柄が全てこのファーストインプレッション(第一印象)で決まります。


美人だから、美男子だから、、いえ、関係ありません。


最初にお会いした時に相手より低姿勢で居ること(例えそれが年下であろうとも)

最初にお会いした時に相手より先回って話しをしないこと

最初にお会いした時に相手より先に笑顔になること


これが最低条件だといえます。


人の多くは、外見に左右されているように思えますが…実はそうではなく。


誰からも好かれ愛される人は自分の見せ方を知っています。

その見せ方は、低姿勢、聞き上手、笑顔これに尽きます。


笑顔が苦手な方は、笑顔以外のことによく注意して相手と接してみてください。

きっと相手の抱く感情は変わり、ことのほかスムーズにコミュニケーションが図れると思います。




大勢の人数で集まった際の初対面対策も上記の内容に限ります。


「身だしなみ」、「低姿勢」、「笑顔」これに尽きます。

早速、明日からでも実践してみて下さいませ!






#身だしなみ#低姿勢#笑顔#深層心理#初対面#コミュニケーション