• 鈴ノ音

八百万の神々~如来~

如来とは、ブッダ(仏)を意味します。仏道に精通し、悟りを開いた方を仏とも呼びます。

昨日アップしたサンスクリット語にも記載されている梵語では「真実から来た者」という和訳になります。

仏界の中でも最高位の位になります。

如来という言葉(位)がつく者は何人かいらっしゃいます。


例えば、阿弥陀如来(あみだにょらい)…釈迦と同様にインドの王です。修業の末、最高位の位の「如来」を手に入れた方です。現在は、「極楽浄土の主」と言われています。

そして、釈迦如来…この方は有名ですね。仏法の開祖です。先程もお伝えしたようにインドの王です。衆生の四苦を取り祓うため修業に出て如来となりました。

人はなぜ生まれ、なぜ死ぬのか。そしてなぜ悩み、なぜ病気になるのか…と疑問疑問でそれを解決し悟りを開くために旅に出た方です。そして悟りを開き仏法の開祖となりました。


釈迦如来に学び、共に悟りを開く修業をした弟子たちは多くおりました。中には挫折する者も多かったそうです。悟りとは、物の捉え方を根本的に変えるという事も意味しています。無欲、無害これは自然界、仏界、神界でも辿り着くことはそう容易ではありません。


悟りを開いた先に見えるものは何だと思いますか?

…「無」です。これこそが物の始まり、そして終わりを告げています。

何もないのです。何もないこと、それすなわち悟りであります。


如来は、慈愛に満ち迷いと煩悩で彷徨い続ける人々や仏達を導いています。

救われたいと願う気持ちを如来は汲み取り、手を差し伸べてくれているのです。





#如来#釈迦#阿弥陀#仏界#仏法#悟り#旅#衆生#四苦#インド#王

16回の閲覧