人との出逢いに定められし時間

人は「縁」あって、思いもよらない場所や時間で他者と知り合い「新たなる縁」を繋いでいきます。

縁には大きな力があり、たった一秒の行動の違いで出逢わなかった人と一生を共にする…そんな不思議な出逢いがそこにはあります。

良縁とは、その人にとって必要である縁「全て」を指します。

同性、異性であろうが動物、建物、土地、植物、本、夢全てです。

その良縁で得られるものばかりを先に考えてしまう人は多く、ではなぜその人と出逢わなければならなかったのか…と考える人は少ないものです。

縁が何の為に「今の自分」の元へやってくるのかを考える時期が私達には既に訪れているのです。残念なことに何千年も前から神々はこの「気づき」を人に与え続けてきています。

本当の良縁とは、出逢う事の意味を問い、なぜこの時期、この瞬間で出逢ったのかを学ばせる為の道具であるという事です。

人がその出逢うべくして出逢う人やモノ場所は、時間の流れと共に変化し続けていきます。

出逢うべき相手があってこその縁です。相手のタイミングもこちらと合致しなくては、縁も先延ばし…という訳です。しかし、そうならないように神々は古より人へ気づきを与え、縁の見分け方とつかみとる人生の生き方を指南してきているのです。

限られた時間の中で出逢うもの全てに感謝をし、その出逢いが自分にもたらす恩恵について考えてみましょう。

良き出逢いが皆様へ訪れますように…そして、その出逢いに隠されている真意を皆様が見つけられます様に…。




#縁#縁のもたらす真意とは#良縁

97回の閲覧