• 鈴ノ音

二面性カラーは才色兼備

人間が内側から発している「気」に色がついたものをオーラと呼ぶことは皆さんがご存知のことと思います。

ほとんどの方が基本色となるカラー1色に、サブカラーと呼ばれる他の色が1色~数色混ざっています。

この方々以外に、珍しく二面性という通常では一色のオーラが真二つの別々の色に分かれ放っている方もいらっしゃいます。

一般的には、相対する色を持っている方が多く見受けられます。

例えば、赤色と青色など…赤は情熱家で行動的な一面を持つ色です。その反面、青色はクールで冷静な一面も兼ね備えている…という訳です。

二重人格でもなんでもありません。

皆さん全てがそうであるように、職場や家族の前で見せる姿が違うように、多面性の性格を持ち合わせ、割り切り「場面場面」で使い分けているという状態です。それがとてもうまく出来ている方々が多いのも特徴の一つです。

天は二物を与えず…と言葉がありますが、全てを兼ね備えた方はそうはいません。

ただ、二面性カラーを持ち合わせた方々の最大の特徴は「他者を理解出来る」ことです。

二面性だけあってさまざまな感情を自分自身に持ち合わせているので、さまざまな人に対しての感情を上手くくみ取ることが出来、他者を理解する力に長けているといえます。

そして、頭の回転が早く周りの反応をいち早くキャッチすることが出来るのも特徴です。

二面性カラーを持ち合わせている方は、笑顔から発している魅力が他者以上に大きいのも特徴の一つになります。その笑顔は周りを温かく包み込み、幸せパワーを周りに振りまくことが出来る最大の力となります。

自分がもし二面性カラーであるならば、「笑顔」を意識しましょう。

そうでない方も、二面性カラーの友人や知り合いを一人作っておくことも心の支えとなってくれるはずです。

オーラを知ることは、自分自身を知る事に繋がります。

今までは気づかなかった自分というものに、きちんと向かい合う事が今後を生きやすくするためのヒントといえるでしょう。

#オーラには二面性カラーもある

#才色兼備の二面性カラーを友人に一人持とう

#人生で生きやすくなるヒントは自分のオーラを知ること

#そして良い意味での「割り切りさ」を持つこと

128回の閲覧